名古屋市 株式会社ラヴィ (株)ラヴィ からだをつくる 社員研修 からだの初期化

HOME > こころの指南書 > あまり最初のうちに形をつくりすぎない

あまり最初のうちに形をつくりすぎない

私が、28年を通して、会社を続けていることで、しみじみ思うことがあります。


それは、『はじめのうちから、仕事の完成形を作りすぎない!』


ということがとても大切だと思うのです。


はじめから、なにからなにまで、決めすぎて形にしてしまうと、


始めてしまっただけに、修正しづらくなることがあります。


始める前に、あれこれ頭で一生懸命考えて、スタートするのですが、


実際にやってみるとなんだか現実は全然違っていたり、


思わぬことに気づいてしまったり、実は、本当にやりたいことは違っていた!


・・・などということも、人間ですから、きっとあるのだと思うのです。


そんな時、初めに形を決めすぎていたり、表現しすぎてしまうと、


変えたくとも変えられなくなります。


私は、長く続けていくと、人とのご縁や色々なタイミングで、


思わぬ嬉しい誤算☆があることを経験していますし、


気がついてみると、あぁ!色々やってきたけれど、


私が一番したかったことは、こういうことだったんだわ!


とライフワークにもつながる仕事になってくこともあります。


だから、始めるにあたり、


そういう流れになることもあるかもしれない。


そういうお導きがあるかもしれない。


どういう流れになるかはわからない。


という、変化していく可能性を感じながら、


精一杯、今のその仕事に全力投球してほしいのです。


一見、逃げているように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、


本当に続けていくと色々なことがあって、


続けていくと実に不思議なこともあるのです。


でも大事なことは、


みなさんが、心からやりたい!相手に喜んでもらいたい!!


と、願って始めたことに、心をこめて全力投球してください。


全力投球していくことでしか、その後の変化とか進化とかは起きてきません。


今、起きていること、今、あることに、心をこめて進んでいく・・・


その今の続きが将来なのです。


進化を、変化を楽しんで、今を精一杯生きてやっていきましょう!!