名古屋市 株式会社ラヴィ (株)ラヴィ からだをつくる 社員研修 からだの初期化

HOME > からだをつくる > フィジオテンダートレーニング

10年先、私はどんな『からだ』でいるんだろう?

からだには可能性がある。

多くの人が、日常かなり無意識に身体を使っています。そして、漠然と『身体はこうなっていくものだ』というイメージを持っています。
私達の身体は、日々成長する時期を過ごし、やがて老化していくという時間軸の中にあるから、年とともに感じる体調の変化も体型の変化も、
『まあ、しょうがないか、年だもの・・・』と受け入れて、あきらめてしまっている。
ということは、ありませんか?


私達は、年齢を重ねることで、身体に起こる様々なことを『老化』という一言で片づけていいものかだろうか?・・・と考えています。

年々年は重ねていきますが、だからといって年々老化の一途を辿っていない人達も沢山いらっしゃいます。


私達は、『年を重ねても若々しい身体でいられる法則』が絶対にある!と信じて、日々からだをみつめています。




フィジオテンダートレーニング

身体には『生きる力』がある。
そして、誰もが自分の中に『身体をつくり変えていく力』を持っている。


それを信じて、私達は1994年、身体に対する希望や願い、想い、そして好奇心を『フィジオテンダートレーニング』という言葉に込めて、身体活性を目指す研究開発を始めました。
骨格と筋肉、腱とのつながり、筋肉の連動と方向性をみつめ、姿勢、スタイル、運動、体調の関係について、仮説をたてながら検証を続けてくる中で、私達は身体の変化の可能性について、かなりの確信と手応えを得てきました。


現在スタジオで行っている身体のレッスンは、このフィジオテンダートレーニングを運動力学的視点で発展させてきたもので、日々更なる進化を目指して研究開発を進めています。


姿勢をよくしたい。スタイルをよくしたい。若返りたい。パフォーマンスを上げたい。からだも頭もいつもクリアでいたい・・・
身体に対する思いは人それぞれです。
私達は、その思いを大切に受けとめて、からだの『その先』をお客様と共に目指していきたいと願っています。

LinkIconレッスンのご案内

たとえば、6頭身が7頭身に?!

筋肉バランスが整って身体使いが変わると、一気にスタイルが変わってしまう。
身体にはそういう力があります。                                       


昔はこんな感じではなかったのに・・・。

顔が大きくなった。
背が低くなった感じ。
お尻が大きくなってきた。
スタイルが崩れてきて、脚も短く見えるんだけど・・・。
首が前に出てきているみたい。肩と顔の位置が違ってきてる?
肩幅が広くなって、厚みも出てきたな。
背中が丸くなったねって言われた。ショックだわ・・・。
疲れも取れにくいし、見た目以上に身体が重い気がするな・・・。

鏡に写る自分の姿にため息をつきながら、
『まあ、しょうがないか。年だもの・・・』

・・・・・と、あきらめるのは、もったいないと思います。

初期化する

今、私達がレッスンでお伝えしているのは、まず、『身体の初期化』。
そこから、それぞれが望む『その先のからだ』を目指します。
  美しさを極めるのか。
  能力・技術を高めるのか。
  ・・・・・。


私達は、日常色々と動きます。
仕事での作業もあります。
積極的に運動もしています。
長年身に付けてしまったからだ使いの癖もあります。
栄養が偏ってしまったり、年々代謝が落ちてきてもいます。


何もしないで年を重ねていくと、色々なことが組み合わさって、身体は崩壊していくようです。
崩壊していく原因、崩壊しているところや形は人それぞれですが、筋肉のバランスとその方向性はかなり重要なポイントだといえます。


ここをはじめの状態にもどしていく。
からだが、筋肉が、本来そこにいたかった、そう動きたかった・・・そこにもどしていこう。
その方向性を施術を通して身体そのものに伝えていきます。
すると、身体は確実に反応します。
そして、そこから新たなからだづくりが始まります。



それってどういうこと?


興味をもたれましたら、ぜひラヴィのスタジオを訪ねてみてください。


LinkIconレッスンのご案内